天国じゃなくても 楽園じゃなくても

 

 

つい最近、久しぶりにユーチューブで動画をみていたら、

ウッチャンナンチャンの番組で、

番組に出演しているタレントや芸人さん達で、

ブームの「風になりたい」を演奏している動画を観ました。

とても楽しそうにみんなで演奏している姿を観ていたら、

なんだか涙がでてきました。

 

心理支配による制限

 

これまでも書いてきたように、

私は被害を受けている間、

相手、相手の友人達から相当の人格否定をされ続けてきたため、

自分をなかなか受け入れる事が難しい。

特に、私の嗜好するもの(音楽、食べ物、服装、習慣)を

あり得ないような言葉で否定されてしまったため、

被害前まで好きだったものが、受け入れられなくなっています。

音楽もその一つ。

私が大好きな音楽やアーティストを酷い言葉で批判されたので、

音楽を聴くことがずっとできませんでした

音楽(音)を聞くだけで、身体が震えて、吐き気がしてしまう。

そんな日を数年送っていました。

その数年の間、私が唯一受け入れられた音楽(音)があって、

それはバラエティ(芸人さんが出す音)での音楽。

私はダウンタウンが大好きなのですが、

ダウンタウンの浜ちゃんが「浜田ばみゅばみゅ」で、

「なんでやねんねんねん」を歌っていて、

その動画を観たのが、被害後初めて聞いた音楽でした。

ユーチューブを観ていると、関連動画が一緒に出てくるので、

音楽の動画を観るだけでも、いわゆるアーティストが表示されてしまって、

フラッシュバックを起こしてしまうので、

動画を観る時もとても注意しながら見なければなりませんでした。

でも、「浜田ばみゅばみゅ」の場合、

関連動画は必ず、「ガキの使い」か「ごっつ」なので、

安心してみる事ができました。

他にも「明日があるさ」や「WAR WAR Tonaighat」「チキンライス」等、

いい曲がたくさんあって、数年、その曲だけを聴いて過ごしてました。

 

芸人さんが教えてくれた「楽しむ」事

 

今日、この記事を書くまでの数年間、

私の心や思いを守ってくれたのは、ダウンタウンです。

外出する時も、外部から入る音(町の雑踏、人の会話)が苦痛で、

イヤフォンでずっと、チキンライスやWAR WAR Tonightを繰り返し聞いて、

電車やバスに乗っていました。

今もまだ、外出はほとんどできないけど、

ダウンタウン以外の音楽を聴く勇気が出ました。

そして、つい最近観たウっチャンナンチャンの「風邪になりたい」を聴いたら、

自分が大好きだったアーティストの音楽を視聴できるようになりました。

私が小さなころから大好きだった音、聴きなれた音楽、

それが聴けるようになった事は、

涙が出るほど嬉しくて、悲しい事。

懐かしいという気持ちと、聴く事ができなかった悲しい気持ち。

そんな気持ちが混ざって、涙が出てきました。

もちろん、相手の人達が私の嗜好を否定したり、批判したことは、

ただただ、私への嫌がらせでしかなく、

その否定、批判が私が好きなアーティストの一般評価ではありません。

 

「こいつのギターってくそだよな。」

「こんなゴミが売れるなら俺の方が上手い。」

 

だったら、何故自分達で生計を立てていないのですか?

支配下から抜け出して、少しだけ自分に戻る時間が増えて、

私はこう思うんです。

 

汚い言葉を吐き続けていると、汚い人間になる。

 

よく芸人さんの音楽や曲をわざわざ否定する言葉を発信する人がいます。

だけど、芸人さんは「人を笑わせる事」が専門の仕事なのであって、

アーティストではないので、そこムキになる方がおかしいです。

むしろ、お笑いも出来て、歌も歌えるなんてすごいのではないかと思うんです。

現に私が今日までに至るまでには、

芸人さん達の大きな力があって、

「おもろない事いっぱいあんねん。でも、生きてたら案外おもろいやろ~。」

「楽しい時は笑ってもええんやで~!また、見てな!」

そんな風に浜ちゃんと松ちゃんが言ってくれているように、

私には思えたんです。

 

 

天国じゃなくても、楽園じゃなくても

 

確か「風になりたい」の歌詞の中に

 

「天国じゃなくても、楽園じゃなくても。。」

 

そんな歌詞がありました。

私が生きているところは天国や楽園ではないし、聖人ばかりではないので、

今でも、いろんな言葉で傷だらけになります。

だけど、だけども。。

こんな素敵な芸人さん達がいる世界なら、

少しだけ安心して音を楽しめそうです。

みなさんがもしも、忌まわしい記憶と共に閉じ込めてしまった思いがあっても、

必ず、また、出してあげる事ができる日が来ます。

だから、今日はもう少しだけ頑張って乗り越えてみましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。